スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せの扉 自然と烏

今日は幸せの扉から少し外れてるかもしれないけど。
心から願っている事を詩にしてみました。

”自然と烏”

♪から~すなぜ鳴くの~♪
からすは山の可愛い七ツの子があるからよ♪

からすは嫌われもの

でも

ずっと前は人間と共存出来てたはず

こんなに 可愛い歌があるんだもの

いつからだろう


もしかしたら 私達人間のせい?

山を削って 住家を無くし

自然の食べ物さえも奪って

そして

私達は 自分達の事しか考えず

ゴミを漁る君達を

只の汚いもの扱い

悲しいよね

それじゃ駄目なのに

からすさん

ごめんね

でも 少しだけだけど

君達の事考えてくれる人達が

君達を守ろうとする人達が

ほんの少しずつだけれど

いるんだよ

だから

一緒に生きよう

今いるこの地球に

いつか大きな自然が蘇るように

みんなで守ろう


きっと

出来るはず

一人一人が

君達の事を真剣に考えた時
みんなが

希望を持って

手を心を繋げていく時

必ず

その日が

来るのを信じてる


幸せの扉 by 皆 幸
コメント

何時からでしょうね^^;
カラスが嫌われたのは・・・
でも僕烏の黒好きなんです^^;
すごく奥深い黒と言うか^^;

eco考えないといけない時代ですね・・・

謎です

Azです。
お邪魔します☆
昔は夕焼けの中にうつるからすとか
哀愁漂う生き物だったのに。
いつの間にか忌み嫌われる生き物になったんですよね。
何ででしょう。からすの鳴き声も不気味な表現になったり。アニメやテレビでも不吉なシーンにはからすが登場したり。
いつから変わったんでしょうね。謎です。

どうも コメントありがとう

おきてがみ 頑張って直しますね。

お久しぶりです

昔の人は、「烏が鳴いたら不吉な(死の知らせが来る)事が起こる」とか、「不吉な予感がする」と言いました。日本がさらし首をしていた時代は、それを突いて食べていたり、賢いので人間側から見たら厄介な鳥なのでしょうね。だからと言って過剰な駆除はいけないですが、街に住みつかないような街作りやしぜんの整備は必須ですね。

こんにちわ。

ウチの近所にも、カラスがやってきます。
雨の日には、広場いっぱいにカラスがいる光景を目にします。
昔は、彼らの場所だったのかな?って思ったことがあります。
ごみを漁ったりするのって、実は私たち人間のせいかもしれませんね。
自然を取り戻しつつ、人と動物たちがもっといい環境で生活できるようになるといいですね。。。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

皆 幸(みんな しあわせ)

Author:皆 幸(みんな しあわせ)
世の中全ての人が幸せでありますように。
幸せの扉は皆んな幸せになれるポストカード作っています。

幸せの扉への入口
幸せの扉への入口
幸せの扉のホームーページです。 訪問して下さった方が幸せになりますように!
ようこそ!幸せの扉へ!
現在の訪問者です
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
店舗販売のお店
幸せの扉の商品を置かせて頂いてるお店です。
道の駅湖畔の里福富様
道の駅湖畔の里 福富様 紹介ページ
shop様からのイベント案内

☆道の駅2周年記念イベント 9月 19日
☆なつやすみ親子体験教室のご案内(08月07日)
☆今年も“アクアフェスタ”が当駅で開催されます。(08月01日)
☆中国「道の駅」スタンプラリーが始まりました。(08月01日)
ポエムポストカード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。