スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せの扉 伝えたい平和への想い

今日は広島に原爆が落とされた日です。

広島以外にお住まいの方は知識としては勿論あっても、身近なこととしての感覚はあまりないかも
しれませんが・・・。
今日 1945年(昭和20年) 8月6日 8時15分に広島、そのわずか三日後の8月9日 11時
2分には長崎に原爆が投下されました。
今でも原爆ドームとして保存され、資料館もありますが、広島に住みながら一度しか行った事が
ありません。
小学校の社会見学で行ったのですが、当時の写真や遺品が沢山展示されていて、その時の様子
が分かるような感じで。。。あまりに生々しくて、痛々しくて、怖くて、悲しくて、切なくて涙が止まりま
せんでした。

いつもは私自身、この広島と長崎に原爆が落とされた事実を常に考えている訳ではないけれど、
でもこの日は永遠に忘れてはいけないと思うのです。
あの日、未来を夢見て毎日を生きていた人達の命を一瞬で奪い、その後の人間性をも奪い、大切
な家族を恋人を友人を奪った原爆。
今、この時も後遺症で苦しんでいらっしゃる多くの被害者の存在を忘れず、その人達の言葉を沢山
聞いて心に刻んでいかないといけない。

私達一人一人がこの過去の事実を忘れず、二度とこんな事が起こらないようにと願い続ける事が、
平和を願う長い長い光の鎖となって繋がっていき、いつの日にか地球上のみんなが争いとは無縁
な時が来る。そして、子供達が心からの笑顔で、きらきらした瞳で毎日を過ごせるように、未来を
夢見ることが出来る日がきっと来ることを心から祈っています。。




”祈り”

あの日

あなた達の未来を

一瞬にして奪った悪魔を

私たちは決して忘れません

あなた達が夢見ていた

未来は

今 私たちがいる現在とは

少し違っていますか?

あなた達が命を懸けて

守り抜いてくれた 今を

今度は

私たちが 懸命に

未来へと

繋げていくから

子供達の

笑い声を 澄んだ瞳を

守り抜くから

人を信じることで

平和を祈ることで


幸せの扉 by 皆 幸

コメント

まりも 平和を祈ります・・・v-22
ぽちぽち・・

悲惨な出来事も時間が過ぎれば記憶は薄れて行きます。
だからこそ人は生きていけるのでしょうが、
絶対に忘れてはならないものもあります。
今朝、平和記念式典が放映されていましたね。
直接的に関係していない私ですが、この日が来ると
この悲劇に胸が痛みます。
中学校の修学旅行で原爆ドームを訪れました。
悲惨な状況に、むごたらしい写真に衝撃を受けました。
その後、残念ながら訪ねる事はできないままですが
今でもその時のショックを覚えています。
地球上のすべてから核爆弾が・・・戦争がなくなる事を
心から願います。

今年も、私の住んでいる街には8:15に哀悼のサイレンが鳴り響きました。3日後の長崎原爆の日もお昼に鳴ると思います。今年で終戦64年です。月日の経つのは本当に早いものですね。私は広島には行ったことがありませんが、長崎の原爆史料館で見学したことがあります。見学していて涙が止まりませんでした。
今住んでいるところは、艦砲射撃を受けた地域なので、今もNPO活動で市民に語り継ぎ運動をしています。広島・長崎の惨状は、『うましめんかな』という詩や原民き(「き」の漢字を忘れました。ごめんなさい。)という詩人、朗読では吉永小百合さんが活動されて、現代に残っていますね。大切にしていきたいですね。

私もブログに記事を書きました。
私は学校の教科書に載っている原爆のお話や、原爆を題材にした物語しか触れたことはありませんが、きっとそれだけでは原爆の本当の痛みや悲しみを理解はできていないと思います。
私を含めて、原爆を知らない人は沢山います。
時を重ねる程に、その記憶や痛みは薄れていきます。
それはとても悲しいことです。
それにより悲劇が再び起こることを一番恐れています。
本当に過ちとは、過ちを犯すことではなく、その過ちを幾度となく繰り返すことです。
二度と人類が過ちを繰り返さないことを祈ります。

今日は、そうでしたね!!
テレビで報道されないと忘れがちになってしまっています!!
このことは、決して忘れてはならないし絶対にあってはならないこと!

あまりの熱さにに水・・・水・・・皮膚は溶けて垂れ下がり
人間のすることではないですね!!
戦争をしている国々もあるようですが・・・・
何でなのか・・・・・・

平和を祈るばかりです!!

応援3ポチッ

初めまして。

初めまして!
詩夏(しいな)といいます。

大きな力に抗えない自分を呪うのではなく、
せめて二度とあんなことが起きないようにと平和を求めて祈る詩、いいなと思いました。
とても優しい詩ですね^^
私も平和を祈ります…

応援です+。(ぽちぽちぽち

今日は64回目の夏ですね。
広島の悪夢の時から・・

二度と繰り返してはいけない。
人類は,広島からその知恵を本当に学んだのだろうか?

お邪魔します

こんにちは。
朝お邪魔して、皆幸さんの記事を読んで、戦争について、原爆についてもう一度考えようと思い、ネットで被爆体験者の何人かの方の手記や資料などを見ていました。
長くなるのであまりコメントしませんが
未来へとつなげていきましょう。

あのことがあって今の時代があるんですね

今朝のテレビで見ていました。
僕たちが平和に過ごせているのに60数年前の
日本ではあんなことが起こっていたなんて
愕然としてしまいます。

その人たちの苦労や努力があったからこそ
今の平和な時代があるっていうことを忘れては
いけないですね。

僕も 小学生の時に広島に行きました
資料館にもいきましたが 恐くて目を背けてしまいました
そのあと 被ばく者の方の話がありましたが
話すのは 君たちが最後の世代になるかもしれないと言われた時は 悲しすぎました
昔のようで そんなに昔ではないことを実感しました

こんなに苦しい体験をしたにも関わらず、
今でも、核は世界中で使われています。
外交のカードとして・・・。
こんなことに使うのが許されて
いいはずがありませんが、
核保有国も増える一方です。
でも私達は被爆国として、
警鐘を鳴らしつつけていかなくてはならないと思います。
いつか届くことを信じて。

おはようございます

私も原爆ドームに行ったことがあります
写真や手記を見て言葉が出ませんでした
とても現実とは思えずただ涙を流していた思い出があります。
もう二度と世界に核爆弾が落ちることがないように祈ります

こんにちは
もう64年たっているのですね!
その当時を語ってくださる方々も亡くなられていて、
私達が今後も忘れずに、二度と同じ事が起きないように語り継がないといけませんね!

置手紙の件ありがとうございました。
またひとつ学べました <m(__)m>
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

皆 幸(みんな しあわせ)

Author:皆 幸(みんな しあわせ)
世の中全ての人が幸せでありますように。
幸せの扉は皆んな幸せになれるポストカード作っています。

幸せの扉への入口
幸せの扉への入口
幸せの扉のホームーページです。 訪問して下さった方が幸せになりますように!
ようこそ!幸せの扉へ!
現在の訪問者です
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
店舗販売のお店
幸せの扉の商品を置かせて頂いてるお店です。
道の駅湖畔の里福富様
道の駅湖畔の里 福富様 紹介ページ
shop様からのイベント案内

☆道の駅2周年記念イベント 9月 19日
☆なつやすみ親子体験教室のご案内(08月07日)
☆今年も“アクアフェスタ”が当駅で開催されます。(08月01日)
☆中国「道の駅」スタンプラリーが始まりました。(08月01日)
ポエムポストカード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。